環境に対する取り組み

環境方針

「信頼を基盤とした経営」「本業を通じた社会貢献」を経営理念とする日本鐵板株式会社は地域環境問題を経営上の最重要課題の一つとして捉え、あらゆる事業活動を通じて、経済発展と地球環境の保全との共生を目指す「持続発展が可能な社会」の実現に向け、以下の方針を制定し、地球環境の保全と改善に努めます。

環境方針

1.環境関連法規制の遵守と汚染の予防
当社のすべての活動において環境関連法規、規制、基準を遵守するとともに、自然環境の保全を可能な限り配慮し、汚染の予防に努める。
2.資源の有効活用と再資源化の推進
資源をできる限り有効に活用し、再資源化を推進する。
3.環境に貢献する商品取引活動の推進
当社の商品取引活動において環境にやさしい商品を取り扱い、地球環境の保全に努める。
4.環境マネジメントシステムの継続的改善
環境マネジメントシステムを構築し、その目的及び目標を設定して実施する。その目的、目標は定期的及び必要に応じて見直し、継続して改善するものとする。
5.環境マネジメントシステムの周知・公表と啓蒙活動の推進
環境マネジメントシステムは、文書化し、維持し、社員全員に周知し、各人が環境に配慮する意識向上に努め、日常業務に反映する。また、社員の環境保全意識の向上を図るため、教育・啓蒙活動を推進する。この環境方針は社外に対しても公表する。