製品情報

ソーラールーフ「サンノイエ」

屋根から考えた、永く安心できる 屋根組込型「太陽光発電システム」

サンノイエイメージ

社会全体が環境負荷軽減に向け動いています。
住宅の屋根も環境貢献する太陽光発電システム設置資源のひとつです。
これまでの住宅向け太陽電池設置工法は屋根材に直接孔を開ける工法が一般的でした。 私たちは太陽光発電システムを屋根の上で安定して、長期間発電を継続させるために、最適材料を選択し、 発電と屋根機能が永く共存する太陽電池設置工法を追求し、ソーラールーフ「サンノイエ」を開発しました。
屋根のプロが創る発電する屋根「サンノイエ」は、太陽光発電システムに求められる、雨漏り事故を防止し、 長期耐久性を実現した、屋根材に孔を開けない「無穿孔緊結工法」です。

「春」「夏」「秋」「冬」・・・永い間発電し続ける屋根の上の力持ち、ソーラールーフ「サンノイエ」。 屋根施工の技術が活きるソーラールーフ「サンノイエ」はお客様に本当に喜んでいただけるシステムになりました。

 

製品の特長

これまでの技術が活きる!屋根のプロが納得する工法

「サンノイエ」は、特殊瓦棒葺き金属屋根を架台フレームに見立て、専用部材を使い太陽電池モジュールを組み込むことで、屋根工事と同時に、太陽光発電システムを完成させます。これまで培った屋根施工技術が活きる工法を採用することで、太陽電池モジュール取付け時に、屋根を傷つけるリスクを最小にし、屋根の精度を高めるとともに、太陽光発電システムが長く安心して発電可能な構造を実現しました。

サンノイエ写真

屋根の完成と同時にクリーン発電

完成した屋根に架台加工を施し、太陽電池モジュールを載せる屋根置き型「太陽光発電システム」に対して、「サンノイエ」は、太陽電池モジュールを屋根に載せる事を前提に屋根を創り上げること。屋根の完成イコール太陽光発電システムの完成。最短のスピードでクリーン発電を実現します。

構造面での優位性抜群の防水性能

サンノイエ」は、垂木を介して建物躯体に強固に固定されます。しかし、太陽電池モジュール取付け用に、屋根に貫通孔を開けることはありません。さらに、ドライエリアを設け、止付金具をドライエリア内に配置することで、雨水経路と分離します。

写真 写真

「サンノイエ」の構造(断面図)

「サンノイエ」の構造(断面図)

 

屋根の軽量化

233Wモジュール20枚で4.66kWのシステムを設置される場合、屋根の上に約300kg※1の荷重物を載せる事になります。既設建物に、太陽電池モジュールを載せる屋根置き型システムの場合、屋根葺き材と合わせた重量が屋根に掛かります。架台を特殊瓦棒葺きとする屋根組込型「サンノイエ」は圧倒的な軽量化を実現し、屋根上重量の軽減と建物の低重心化に貢献します。

屋根の軽量化

 

モジュールについて

パナソニック株式会社の住宅用太陽光発電システムのページのご紹介です。(Internet Explorer 6では正しく表示されません)

パナソニックの住宅用太陽光発電

発電量トップクラス

 

サンノイエ指定販売施工店一覧をダウンロードいただけます。

 

特許について

平成25年2月22日にサンノイエは特許登録されました。

発明の名称 太陽電池モジュールの取付構造及び取付方法
特許権者 東京都中央区日本橋1丁目2番5号
日本鐵板株式會社
東京都千代田区大手町二丁目6番3号
JX日鉱日石エネルギー株式会社
発明者 小林 晴久
大森 忠昭
中塚 康夫
坂井 則和
石井 隆文
出願番号 特願2008-317232
出願日 平成20年12月12日(December 12, 2008)
登録日 平成25年 2月22日(February 22, 2013)
クリックすると拡大します
特許証
クリックすると拡大します
特許証

 

施工事例

  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します
  • クリックすると拡大します

 

ダウンロード

カタログデータをダウンロードいただけます。さらに詳しい情報は以下よりご覧ください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページ よりダウンロードできます。