採用メッセージ

”熱い社員”を求めています

日本鐵板株式会社が目指すもの~代表取締役社長メッセージ~

当社は建材薄板市場において「顧客満足度No1」商社を目指しています。
1955年の発足以来、新日鐵住金株式会社、日新製鋼株式会社直系の商社として、全国に販売網や加工拠点を確立し、商品開発や需要開発にメーカーとともに取組み、今日の礎を築いてまいりました。
当社の経営理念として「需要への密着」を掲げ、創造型・提案型営業を推進しております。
お客様との絶大な信頼関係を構築し、お客様から名実ともに「顧客満足度No1」商社という評価をいただけるよう、日夜取り組んでおります。
「顧客満足度No1」商社を実現するために次のような「熱い社員」を求めています。

求める人物像

コミュニケーション能力 コミュニケーション能力という言葉一つにもたくさんの意味が込められています。
日本鐵板が求めるコミュニケーション能力とは自身が言いたいことを相手に伝える能力の他に
①相手の「情報」「ニーズ」を聞き出し、正しく把握することができる能力
②それらの「情報」「ニーズ」を正確に他者へと伝え、活用することができる能力
というものと考えています。
日本鐵板は一次商社ですが、高炉メーカーから鉄を仕入れてお客様へと販売することだけを役割としていません。 お客様から情報やニーズを聞き出して常にお客様の求める物を提供しつづけます。
これらはコミュニケーション能力無くしては十分に得られません。
お客様や高炉メーカーとの会話などのいたるところに「情報」「ニーズ」は隠されています。
その隠された「情報」「ニーズ」を発見する能力が日本鐵板が求めるコミュニケーション能力です。
したがって日本鐵板はお客様の「情報」「ニーズ」を聞き出し正確に把握し他者へと伝えることにより経営理念である「需要への密着」を実現できると考えています。

協調性 仕事という物は一人ではできません。周りの協力があって初めて成り立ちます。
ここでの「協調性」とは「誰とでも仲良く楽しく仕事をすることができる」といったものだけではありません。
日本鐵板が求める「協調性」とは、「働く環境や価値観、世代といった違いを超えて協働し一つのプロジェクトを完成させる能力」というように考えています。
個人プレーではなくチームとして誠意をもって仕事に取り掛かることがお客様の信用・信頼へとつながります。
それが当社が目指す顧客満足度No.1商社へとつながります。

積極性 コミュニケーション能力や協調性だけではなく、加えて私たちは「積極性」を持った人物を求めています。
日本鐵板が求める「積極性」とは自分で考え、意見を持ち、必死になって行動し、自分の考えを実現していく意欲を持つことというように考えます。
一人一人がこのような考えを持ち、行動をとることにより、社内においてはより活発な意見交換や有効な見解が形成されるだけではなく、その結果お客様から強い信頼を得ることができると考えます。
ただ指示を待ち、指示に従っているだけの人物は日本鐵板の社員としては少々物足りません。
正しいのか、間違っているのかが分からなくとも自分の考えを相手に伝え、チャレンジしていくことが大切です。
もし間違っていてもその考えを素直に訂正することができる、そういった柔軟性をもった人物へと将来は成長していってほしいと思います。

コミュニケーションを豊かにし、協働する協調性と柔軟な積極性を持った「熱い社員」を日本鐵板は求めています。

RECRUIT採用情報

みなさんとお会いできることを
楽しみにしております

エントリー